FC2ブログ

2019-09

十五夜祭と敬老祝賀会 - 2019.09.16 Mon

9月13日に十五夜祭
9月15日に敬老祝賀会が開催されました。

十五夜祭は、月が出て始まるお祭りなので天気が悪いと中止になります。
昨年は悪天候のため開催出来ませんでした。
今年も「天気がどうかなあ、。」と心配していましたが 途中、キレイな満月も顔を出し、心地よい夜風の中、綱引きと相撲を楽しむ事が出来ました。

2019091601.jpg

今年からは、綱練り(各家庭から出された萱を大綱に練り上げる作業)に女の人も参加してもらおうと声掛けし綱の準備をしました。
地域によっては萱不足や綱練りが難しい、と学校の大綱を使ったり
旧暦に合わせると平日になることが多いため土日に開催する所があるそうです。
口永良部島もいずれ対応しないといけない時が来るかもしれません。
今まで男の人だけで行っていた綱練りの作業に女の人にも参加してもらう事にしたのは大きな一歩だったと思います。
行事がなくなってしまわないように、継承するためには臨機応変に対応していかないといけないと感じています。


9月15日は「敬老祝賀会」を行いました。
午前中は高齢者の方々と子供達のグラウンドゴルフ対決

2019091602.jpg

お昼からは皆で島の幸を堪能し、余興を楽しみました。

2019091603.jpg

島のタケノコが入った煮しめもモハメ(魚)のから揚げも朝とった魚の刺身もどれも美味しかった!
そして今年も敬老会に合わせてブドウをたくさん送っていただきました!N社長ありがとうございました


来週9月22日は「金岳小中学校・島民合同大運動会」です。
毎週末行事があり、島民は「また来週!」と忙しい9月です

スポンサーサイト



イセエビ漁、解禁 - 2019.09.03 Tue

9月に入り、イセエビ漁が解禁となりました!

20190903.jpg

口永良部島では9月~4月の間、イセエビ漁が行われています。
イセエビと一言で言っても「アカイセエビ(通称アカ)」「カノコイセエビ(通称ブチ)」「シマイセエビ(通称アオ)」「ゴシキエビ」、様々な種類のイセエビが獲られています。
<写真(下)の左側がブチ、右側がアオ>
実が美味しいのは、味噌が美味いのは、とそれぞれの評価もあるようですが
どれも美味しいです!

昨日は漁師のTさんが漁の解禁記念にイセエビを持ってきてくれました。
久しぶりのイセエビはやっぱり美味しかった~!

2019090302.jpg

プリプリ具合もちょうどよく、とっても美味しく頂いたので調理方法をメモします。

1.活きたイセエビを大きな鍋に入れ水を入れる。(時間があればそのまましばらく放置するとイセエビが後で暴れない)
2.思い切って多めの塩を入れる。
3.火をつけ、沸騰するまでは鍋のそばを離れず手で蓋をおさえる。(エビが元気だとここで暴れる)
4.沸騰後、普通サイズで10分、大きなエビだと15分程度ゆでる。
5.茹で上がりを半分にカットし、お好みでマヨネーズや醤油をつけて食べる。

茹で上がり直ぐはプリプリで身はなれも良く(スーときれいに身がとれます)ホント美味しいです!
(茹でたものを冷凍保存する事も出来ますが身はなれも悪くなるので、茹でたてを食べるのがベストです。)

口永良部島のキレイな海で育った天然のイセエビ、是非食べにいらしてください。
ご宿泊の予約時に注文なさるのが確実です。

口永良部島の夏休み - 2019.08.21 Wed

長いと思っていた夏休みも残り10日ほどとなりました。

口永良部島の夏休みは、8月中旬に通った台風9号・10号の影響で船が長期間欠航したため例年通りとはいかず、ナンヤカンヤと臨機応変に対応しやっと全ての行事が終わったところです。

色々な予定変更がありました。

それでもめげずに島に来てくれた東京の高校生の実習と台風を気にしながらも開催した「港祭り」はハラハラしながらどうにか開催。
2019082102.jpg


「夏祭り」は、台風がもっとも接近しそうな時(13日)と重なり、こちらは延期とし17日に改めて開催しました。
20190821.jpg


一方、高校生が主体となって企画した「第二回口永良部島未来会議」は中止となってしまい残念です。是非是非、来年度に再チャレンジして下さい!


今回は、イベントが集中している時期の台風接近で多くの方々の足が乱れ、用意している方も予報や情報に振り回され、まあまあ皆が大変だったろうと思います。
それでも決めた事を一つ一つ実行していくのですが、やるとなったら皆よく動き、さすが島の団結力!

それにしても、普通に船が運行し、お天気で何の心配もしないでいられる日がなんてすばらしいのだろう、と改めて思います。
大変な思いもするけれども当たり前な日々に感謝する気持ちを改めて持ち、幸せを感じ過ごしていきます!

口永良部島を紹介する絵画展 - 2019.07.26 Fri

7月18日~22日にかけて、アフリカンペイントアーティストのSHOGEN(ショーゲン)さんと絵のワークショップを行いました。

2019072601.jpg

昨年は、本村港のウェルカムボード制作や待合所(コンテナ)へのペイントなど、島を元気にする作品作りを行いましたが
今年は『口永良部島を紹介する』という目的を持って作品作りを行いました。
5日間、皆よく頑張ってくれて、個人で取り組む作品2点、皆で協力して制作する作品3点が完成しました。
↓140㎝*4mほどのこちらの作品は島の朝~夜の様子を皆で描いたものです。

209072602.jpg

担当を決めたり、出来上がった作品を皆でチェックしあったりして描き上げた絵の中には自分たち(口永良部島の子ども達)が登場し遊んでいます。

個人で取り組んだ作品も『口永良部島を紹介する』ためにそれぞれが何を伝えたいのかを考えて描きました。作品には、一人一人のオススメの島の過ごし方や遊びが描かれています。

2019072603.jpg

前日に海岸で拾ってきた漂着ゴミや流木へのペイントも楽しみ、ペンキで描く事を堪能した5日間でした。

2019072604.jpg

口永良部島の9人の子供達が描いた『口永良部島を紹介する』作品はこれから各所で展示されます。
早速、7月31日(水)~9月2日(月):青猫書房(東京赤羽)で展示されます。8月28日・9月1日にはトークショーも予定されています。(イベントの日程は変更になることもあるとの事ですのでお店のHPよりお確かめください。)
お時間都合のつく方は是非お越しください。

伝統芸能と海洋研修会 - 2019.07.16 Tue

7月14日
金峯神社で棒踊りと日の本踊りの奉納が予定されていましたが雨天のため学校体育館での踊りの披露となりました。

踊り手達は、ゴールデンウィーク明けより練習を始め、夕方の忙しい時間帯に練習を重ねてきたので、神社で奉納出来なくても島民の方々の前で披露しよう、という想いでこのような形となりました。

20190715.jpg

踊りは、毎年学校の先生方や子供達も参加し、島に伝わる伝統芸能の継承を目指しています。
今年も新たな踊り手として先生3名、中学生1名、小学生2名が参加してくれました。
島立ちしても、他の地へ移っても、口永良部島で島民と一緒に踊った伝統芸能の記憶が体験として体に残ってくれたら、と願います。

2019071501.jpg

棒踊りはとても激しい踊りで、踊り手はそれなりの体つくりをしないと腰や足を痛めてしまいます。今年はどうにかメンバーが揃いましたが、そろそろもう踊れないかも、、と毎年懸念しています。体第一なので無理は出来ませんが、棒踊りが見られない年もそろそろ訪れるかもしれません、。そうしたら寂しいですね、、。

女子による日の本踊りは幼児学級生も参加しました。
本番は慣れない野外でなく体育館だったので踊りやすかったかな、。キレイに踊る事が出来、皆さんから拍手を頂き嬉しそうでした。

2019071502.jpg



翌日の15日は子供達が待ち望んでいた「海洋研修会」でした。
予報では雨か曇りかと、あまり芳しくない天気でしたが、当日を迎えてみたらまあまあのお天気で何よりホッとしました。
本当に、天気次第でずいぶん違いますから、。

20190715-1.jpg

この日は一日海遊び。
海で遊び、色々な魚について教えてもらい、とれたての魚の御馳走を頂く、という海の幸、満載の一日でした。

2019071503.jpg

お味噌汁も刺身もお寿司も、最高に美味しかったです

2019071504.jpg

アッという間の三連休でした。

予定ではこの2つの行事に屋久島の子供会の方々が参加予定でしたが14日の船の欠航により叶いませんでした
一日一便の船が唯一の交通手段という口永良部島では天候による予定の変更は避けられません。個人の都合ならともかく、行事など皆で行う予定の変更は本当に大変で気苦労が多いものです。
今回は交流する事が出来ませんでしたが、予定をたてて頂いた時点で少しでも距離が縮まったかな、と思っています。またの機会に是非口永良部島にお越しいただけたら、と思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (21)
海 (15)
魚・貝・エビetc (16)
植物 (37)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (5)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (25)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (37)
家族 (19)
行事 (62)
皆既日食 (2)
お知らせ (49)
未分類 (12)
風景 (19)
その他 (7)
暮らしぶり (16)
噴火 (8)
口永良部島の紹介 (2)
子供の活動 (1)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング