2017-06

西之浜(泳げる所) - 2016.08.15 Mon

「口永良部島で泳げる所はどこですか?」と聞かれたら
小さな子供がいたら【西之浜】、ある程度しっかり泳ぎたい方には【美浦浜】をお勧めしています。

我が家は子供がまだ小さく、(子供の)足がつく所でないと心配なので
よく泳ぎに行くのは【西之浜】

場所は、本村集落から西の湯温泉へ向かう途中、番屋ヶ峰(避難所)へと別れる三叉路から海に向かって降りていった所にあります。(詳しくは→島遊び@口永良部島便り

竹のトンネルをくぐって海岸まで降りていくのですが
竹の葉の緑と落ち葉の茶色で不思議な空間になっていて、『もう、海が見えるかな、。』とワクワク降りていくのが楽しいトンネルです。
2016081501.jpg

そして、ドドーンと海が広がります!
2016081502.jpg
ちょっと先まで行けば、魚たちがいっぱい泳いでいる姿が観察できるので、大人も十分楽しめる所ですよ。
2016081503.jpg
そうそう、浅い所にも小魚が群れて泳いできます。
我が家で【西之浜】へ泳ぎに行く時はアミも持って遊びに行き、子ども達はアミを振り回して遊んでます、。(なかなか捕れませんが、)

色々な熱帯魚達が見れます。
最近は、魚図鑑を持って遊びに行くのですが、本当に色も形も様々でファッショナブルな魚たちに関心しきり!
よくもまあ、あんな形に、とか こんな色合いに、とか 実に面白い世界です。

夏休み後半もたくさん泳ぎに行きたいけれども、そろそろクラゲが出てくるかなあ、。
(島では、お盆過ぎになるとクラゲが出てくると言います。泳いでいてクラゲに刺されるとピリピリと痛いので要注意です。)


そして、8月13日に行われた「口永良部島夏祭り」のご報告です。
今年、多くの方々のご寄付・ご協力により、そして何より沢山の方に来て頂き、この口永良部島で無事に夏祭りを開催出来ました事 心よりお礼申し上げます。
2016081504.jpg
サンバも歌も抽選会も花火も、、何もかもが今までになく盛り上がり楽しい時を過ごす事が出来ました。
2016081505.jpg

2016081506.jpg
皆、楽しそうだった
口永良部島、まだまだ頑張っていけそうです。
スポンサーサイト

ゴールデンウィーク(後半) - 2013.05.05 Sun

桑の実とホウロクイチゴ

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

お天気にも恵まれ、最高のお休み日和、、。
早速イチゴ摘みにも行って来ました。
でも、イチゴがない!見事になくなっていて、敵ははたして人間か鹿か、、。
すっかりキレイになくなっているのを見ると鹿が夜な夜な食べに来ているのではないかなあ、と思います。
やっとの思いですこ~し採ってきたけれども今年はジャムは作れないだろうなあ。。。残念
あんまりにも少なくって寂しいので我が家にある桑の木の実も採って来て、ツワブキの葉っぱで作ったお皿にのせました。
このお皿、島のばあちゃんに教えてもらった方法で『昔はこうやってイチゴ摘みに行ったもんだよ~、。』って。
ステキです。

そうそう、向江浜に遊びに行ったらもう海亀が産卵のために上陸した跡がありました。
2013050502.jpg

後で伺ったら、4月末に上がった跡だそうです。

向江浜には毎年海亀が産卵のために上陸しています。
今年度は海亀がどれだけ上陸しているのかカウントをして現状を把握し、さらに海亀が産卵出来るように浜を綺麗にする活動を行います。(写真左は、上陸頭数を記録するために浜を区画で分けたのですが、その区画を示した印です。木の幹にくくられているのですが、小さすぎて分かりづらいですねえ、、、)
保護活動というと利害関係などあって難しいけれども、そのココロは、自分達の住んでいる島(浜)を綺麗にしてこの島の状態(海亀がどの位上陸しているのか、)を知ろうという活動だと認識しています。
この地球は人間だけが暮らしているのではないのだから、こういう活動を通じて少しでも独りよがりでなく、広い視野をもって生きていきたいと思います。


口永良部島の海(スライドショー) - 2013.02.13 Wed



O君の撮った口永良部島の海の写真をスライドショーにしてHP(口永良部島便り)に載せました。
やっぱり動きがあると面白いですねえ。
これで海の世界の魅力が少しでも皆様に伝わるでしょうか、。

O君のお陰で口永良部島の美しさを再認識出来ました。
ありがとう!私も潜ってみたいなあ。。。

海の世界3 - 2012.07.14 Sat

2012071401.jpg

先日、またまたO君が海の中の写真を持って来てくれました。
毎回、見させて頂く度に驚きがあります。島に暮らしていてもちっとも自分の住んでいる所の事を知らないんだなあ、と痛感させられます。
こんな風に写真を見せてもらうだけでも嬉しい事

2012071402.jpg

それにしても、エラブの海には、こんなに魚がいっぱい泳いでいるんだ!とちょっと嬉しくなりました。こんな群れが目の前を泳いでいたらすごいなあ、、

蒸し暑い日が続いているので、こんな時は涼しげな海の写真で気分をリフレッシュですね。
実際に海に泳ぎに行けるのが一番なのですが、、。今年の夏は、子供達を連れてなるべく海に泳ぎにいけるようにしたいなあ。。。

海の世界2 - 2012.05.18 Fri

2012051801.jpg

海底から泡がポコポコと、、。これ、温泉が湧いている所です。
口永良部島は活火山の島です。山に登れば噴煙が上がり、島内には4箇所の温泉、そして、海中でこうやって温水があがってくる所は何箇所あるんだろう、、、。

2012051802.jpg

泳いでいて、体が冷えてきたらわざわざこの温かな所を目指して泳いだりして、。
『寝待温泉』近くの海岸では、温水が出てくる所を石で囲って足湯を作ったりもします。

そうそう、口永良部島では地熱発電の案も出ていたりするんですよ、。
エネルギー問題に関心が高まっている昨今、島が持つパワーを上手に使ってエネルギー(電気)を賄えたらどんなに素敵か!
島というのは、周囲を海で囲まれている分、物やエネルギーの循環(流れ)がよ~く見えます。
今、物に関しては、都会のように簡単には入手出来なかったりあてに出来ないためにそれならば自分で作ろうか、とか自分で釣ってくるか、とい意味で自給自足に近い生活になっているかな。(もちろん、米や肉など外から調達しないとナイものもいっぱいありますが、自給率はけっこう高いと思います。)
これでエネルギーが賄えたら理想的な生活スタイルではありませんか?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (12)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (48)
皆既日食 (2)
お知らせ (36)
未分類 (11)
風景 (13)
その他 (6)
暮らしぶり (10)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング