2017-09

夏のお祭り<港祭り&夏祭り> - 2017.08.17 Thu

今年も無事、夏のお祭りが盛大に開催されました

8月12日は、漁振会による“港祭り”
2017081702.jpg
子ども達に用意して頂いたヘキ(この時期採れる縦の縞模様が美しい美味しい魚)の釣り堀りも人気でした。
というか、集まった子供の数にビックリ
お孫さんなどの帰省で口永良部島の子どものが倍増していてとても賑やかでしたよ

毎年恒例の漁船からの恵比寿様への参拝も出来ました。
2017081701.jpg
今は、恵比寿様の祀られている所が立ち入り禁止区域なため、久しぶりに海から鳥井を見れて嬉しく思いました。
以前は良く遊びに行った向江浜や恵比寿神社、
早くまた行きたいものです。

翌日の13日は第19回の“くちえらぶ夏祭り”でした。
2017081703.jpg
今年も「城山観光ホテル」の豪華料理がふるまわれました。
サンバもお笑いも花火も、皆が一体となり楽しめたお祭りでした。
来年は第20回、楽しみです

バタバタとお盆が過ぎ、そろそろ夏休みも少なくなってきました。
なんとかスムーズに2学期に入れるように夏休みの宿題や生活リズムを整えていかないと!
スポンサーサイト

海洋研修会&金峯神社の大祭 - 2017.07.17 Mon

本当に忙しい三連休でした!

7月15日(土)は、CPTA行事の【海洋研修会】がありました。
CPTAのCは子供(Child)、Pは先生(Parent)、Tは先生(Teacher)、Aは団体(Association)。
子供を中心として多くの大人が参加し一日海で遊ぶ日です。

子供に聞くと年間行事の中でも最も好きな行事とのこと!
口永良部島の豊かな自然を満喫するステキなイベントだと思います。

20170717.jpg

当日は、キレイな魚やウミガメと泳いで、魚の名前を教えてもらって、、
身近な海ですが、改めて海への興味を深めることが出来た一日でした。

2017071706.jpg

お昼ご飯には、島の方が朝から船を出して突いてきてくれた魚の刺身やお味噌汁を頂きました。
スゴク贅沢!美味しかった~!

2017071702.jpg


そして、翌日の16日(日)は、【金峯神社の大祭】がありました。

2017071705.jpg

金峯神社の大祭は旧暦に合わせて行われているため毎年開催日が変わります。
ここ最近の2年間は、“海の日”あたりとなり、【海洋研修会】と重なり少し苦労しています、。

大祭では、伝統芸能保存会による男の人の“棒踊り”、女の人の“日の本踊り”が奉納されます。

“棒踊り”は、三尺と六尺の棒を持って踊る勇ましい踊りです。
山が噴火しないように、山の神様の怒りをしずめようと踊り始められたと言われています。

2017071704.jpg

“日の本踊り”は、平敦盛の最後を歌った歌詞に合わせて踊ります。
口永良部島は平家の落人伝説があり、後世に伝えたい想いがあって踊られたのかな、などと思ったりしています。

2017071703.jpg

5月の連休明けから始まった踊りの練習
今は、本番が無事終わりホッとしています。
踊り手には、島民の他に山海留学の子供達、先生方、学生さんなど多くの方に参加して頂きました。
ありがとうございました。

口永良部島の伝統芸能、カッコイイですよ。

お正月行事 - 2017.01.09 Mon

1月7日、“鬼火焚き”を行いました。
2017010901.jpg
“鬼火焚き”は、九州地方で正月7日に行う火祭りで、火の中に門松や昨年のお札などを投げ込み、鬼(厄・災難・病気)を退治し、また災難が無かったことを感謝する行事です。
午後5時より火を入れ、竹が勢いよくはじける音を聞きながら『昨年の今頃はもろもろの片づけと用意で忙しくしていたなあ、。』と懐かしく思い出していました。
今年は本村港近くの砂浜へ場所を変更して行いました。
今まで岩がゴロゴロしている所で行っていたので、今回は砂浜で広々としていて良かったです。
そして、昔は早朝に火を入れていたと伺いました。いつの頃からか皆がそろう午後5時以降スタートとなったのでしょうね、。
色々と時の流れと共に変わっていきます。

前日の1月6日は消防団による“消防出初式”でした。
今年は口永良部島での開催で冷たい雨が降る中でのパレードと放水でしたが、多くの島民が足を運び、消防団の面々の頑張っている姿を見て応援しました。
2017010902.jpg
何かがあったらいち早く動く、頼りになる消防団です。
何もないのが一番ですが、何が起こっても大丈夫なように備えておく事が大事です。

そして、正月休みの間の恒例行事が“しゃしゃんぼ”採り!
“しゃしゃんぼ”とは、「小小ん坊」と書き、島の人は、訛って「ササブ」とも言います。
島に自生する灌木で、ブルーベリーに似た、それより小粒で自然な甘みと酸味のある美味しい実をつけます。
毎年この実でジャムを作るのが冬の楽しみでした。
昨年は帰島直後で全く採る事が出来ず、今年も例年採りに行っていた所は未だ立ち入り禁止区域だったりで沢山は採れませんでしたが、畑に植えている分だけは収穫出来ました。
2017010903.jpg
すごく嬉しい!!
このジャムで作る懐かしいあのお菓子もこのお菓子も、また作りたいなあ、と心躍らせています

もちつき会 - 2016.12.06 Tue

12月3日、冬の恒例行事[もちつき会]が行われました。

2016120501.jpg

昨年は避難中で、屋久島の避難所で開催したなあ、と思い出しながら
今年は、口永良部島で例年通りに開催出来た事、しみじみと嬉しく思います。
しかも今年は、お天気もよく、本当に多くの方々にご参加いただきました!

2016120503.jpg

皆、それぞれの生活リズムがあって普段はなかなかお会いしなくても
こうして行事の際にお顔を拝見して、お話し出来るのは嬉しいものです。

2016120502.jpg

子供たちに餅つくりのご指導も頂き、皆でおなかいっぱいお餅を頂きました

そうそう、全国で[もちつき]は行われるだろうけれども
芋餅(いももち)は、九州ならでは、でしょうか?

2016120504.jpg

餅がつき上がったタイミングで蒸かした芋(紫芋が色もキレイでおススメ)を入れ、さらに砂糖を入れて作ります。
トロットロッで、きなこをまぶして食べるのですが美味しいですよ~




金岳小中学校・口永良部島民 大運動会 - 2016.09.26 Mon

9月25日 『金岳小中学校・口永良部島民 大運動会』が開催されました。
2016092601.jpg
昨年は全島民避難のため島での運動会は出来ずに、屋久島の運動会に参加させて頂きました。
それはそれで楽しく、(こんな競技があるのか、と)関心したり、大人数の迫力に圧倒されたり、と良い経験だったのですが、やっぱり島の顔見知りの方々が集まって、秋の心地よい日差しの中運動を楽しむ一日は口永良部島に帰って来た~、と実感する一日でした。

この手作りのアーチ↑も久しぶり!
このステキな門を今年はくぐれて良かったです

2016092602.jpg

子供達も高齢者の方々も、それこそ老若男女、皆、それぞれ頑張っていました。

2016092603.jpg

また来年、その先も、 このホノボノとした運動会が開催出来る平穏な日々があるように、と願います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (13)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (50)
皆既日食 (2)
お知らせ (38)
未分類 (11)
風景 (14)
その他 (6)
暮らしぶり (11)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング