2018-07

「夕景」の紫陽花 - 2018.05.31 Thu

「夕景」の紫陽花(アジサイ)が見ごろを迎えています。

20180531.jpg

今年もキレイに咲いてくれるかなあ、などと案じ毎年この時期を迎えます。
新岳の噴火のあった3年前は無人となった島できっと美しく咲いていたハズ。
昨年は夏過ぎからカナブンが大発生し、草木という草木は大ダメージを受けたので期待しないでおこう、と思っていたのですが変わらずキレイに咲いてくれました!

2018053102.jpg

自然からのGIFT(贈り物)のように感じます。

2018053103.jpg

いつも「夕景」からの風景が大好きですが、特にこの時期は最高ですね。

2018053104.jpg

「夕景」にお泊りのお客様がいらっしゃらない時はOPEN GARDEN(庭を一般の方々に自由に見て頂けるように開放)します。
「夕景」の看板の下にOPEN GARDENの看板が出ている時は、是非お立ち寄りください。

2018053105.jpg

スポンサーサイト

白い花々 - 2018.05.08 Tue

今、口永良部島は、春を告げる白い花々に彩られています。

2018050803.jpg
エンジェルトランペット(キダチチョウセンアサガオ属)
集落周辺に大きく茂った所が数か所あり、圧巻(見事です)!
とても香りが良く、これだけ茂っているので風にのって香りが漂ってくる程。
エンジェル(天使)のトランペットだなんて可愛らしい名前がついていますが、毒があり、形が下を向いたトランペット(ラッパ)のようだけれどもふざけてくわえたりしたら大変!

2018050802.jpg
トカラアジサイ
トカラアジサイは沖縄の伊平屋島から奄美、トカラ列島にかけて分布しています。
小さい島の環境にそれぞれ適応するために葉など変異が多く、逆に火山活動など島の環境は安定しないのでそれに合わせられる能力を持って独自の進化が見られるのかもしれません。
種子島、屋久島、奄美大島や沖縄本島も含めなぜか大きい島には自生していないそうです。
それにしても、林床や道脇を彩る白いアジサイは見事です。
アジサイにも毒があり、鹿が食べないので残されているという事でしょうね。

それからボチボチ白いテッポウユリも咲きだしています。
道沿いのユリは鹿に食べられだいぶ少なくなってしまいましたが、集落近く(民家の庭や側)のユリは残っています。
テッポウユリも香りが良いですねえ。

連休の間にタケノコ(大名竹)採りをしました。
2018050801.jpg
こちらもそろそろですよ~。
美味しいタケノコシーズン、楽しみです。

台風前のエラブツツジ - 2014.07.09 Wed

口永良部島には現在台風8号が接近中。
これから風、雨ともに強まっていくのかな。。。
「フェリー太陽」は7日から欠航しています。
小・中学校は今日(9日)は臨時休業でした。
高齢の方や寝待温泉に住んでいる方々は早くから公民館に避難してこの数日を過ごされています。
被害なく、無事過ぎて行ってくれればよいのだけれども、、。

台風が来るとなると、アレコレと大忙しです。
畑の野菜は台風にやられる前に収穫しないといけないし、普段ちらかしっぱなしの道具類をせっせと片付けないといけないし、、。
この台風でブルーベリーもだいぶ落ちてしまうだろうなあ。。。
そして、台風前にエラブツツジを見に行かないと、とこれまたあわてて見てきました。
毎年、『今年こそゆっくり見に行きたい、』と思っているのですが。。。

台風の来る前、とは言っても既に海は時化、雲もかかっていた状態。でも、時折雲が動いて晴れ間が出てくれたのでラッキー☆でした。
2014070902.jpg
正にお花畑。
2014070904.jpg
こんなステキな所、一日ゆっくりしたらどんなけ気分転換になるか、と思うのだけれども、それがなかなか実行できない。。。
2014070903.jpg
また来年、
でも今年もこの景色を見れてよかった。。。

シャシャンボについて(続き) - 2013.12.17 Tue

2013121701.jpg
畑に植えているシャシャンボの木に鳥避けネットをかぶせました。

山の方へ散歩に行くと鳥の声が大合唱となって聞こえてくるので『今年は本当に鳥が多いかも、、。』とちょっとあせり、急いでネットをかぶせたら大変だった。。。
このネット、以前畑の作物に鳥避けとしてかぶせて使っていたモノなのですが“め”が細かくってシャシャンボの実がひっかかりブチブチと取れちゃう!
キャーと思った時は既に遅く、もうコレ以上いじるともっと取れてしまうのでそのままそのまま、触らない事にしました。

そして、さらに悪い事にこの網、鳥避けでなく、どうやら鳥と獲るネットらしく毎日のように鳥が網にひっかかるんです。
2013121702.jpg
獲るつもりはなかったんだけど、というのは人間の勝手でしょうが、本当に鳥が食べられないようにしたかっただけなのに、。
ネットをかけるという事はこういう事を覚悟してないといけなかったのか、ネットについての不勉強がいけなかったのか、。

調べてみたら左のくちばちの長い鳥は「ヤマシギ」で右の鳥は「シロハラ♂」。
鳥を間近に見る機会はあんまりないので(見つけても直に飛んで行ってしまうので)こんなにじっくり鳥図鑑で調べられたのは初めてでした。

翌日、息絶えた鳥をネットからとり、穴をほって埋めてなんとか心の整理をしたけれども、このネットどうしたものか、。

そしてまた次の日、他の「ヤマシギ」がひっかかっていた。。。

一緒に手伝いをしてくれていた子供達は私なんかよりよっぽどたくましい。
次女は鳥をネットからとる作業を丁寧にしてくれたし、長男や末娘は鳥に花を添えていた。
島での生活は小さい頃から生や死に直面する機会が多いからなあ、と感じました。

山葡萄ではなかったガネブ - 2013.10.13 Sun


島の方言でいう「ガネブ」
私は、ず~っと「山葡萄」だと思っていたのですがどうやら違ったらしい!
「山葡萄」と同じ仲間(ブドウ属)の「えびづる」だったようで、植物図鑑で調べてみても葉の大きさや果実の大きさから山葡萄ではないという事が判明!


実は先週末、子供達とドライブがてらこの「ガネブ」をとってきて、せっかくとってきたから何か作れたらいいなあ、とネットを見ていたら山葡萄でジャムを作っていらっしゃる方がいたので私もやってみよう!とこの「ガネブ」でジャムを作ってみました。(この時はまだ「ガネブ」は「山葡萄」だと思ってました。)

作ってみたらザル一杯の「ガネブ」からほんのちょっとの汁しか出てこない!
「ガネブ」を食べた事のある方ならお分かりかと思いますが、本当にこの「ガネブ」、皮と種だけでただ味はちゃんとブドウなので、子供達は口に含んではペッペと種と皮を出しながら味わう、といった実です。
考えてみたら当然の結果だったのですが、それからおかしいなあ、、と調べてみた、という訳です。

きっと本物の「山葡萄」はもっと実がふっくらしているのだろうなあ。。。

せっかく作り始めたジャム、途中で放棄する事も出来ず、むきになって皮ごと圧力をかけて皮をやわらかくし、種をこして作りました!作りながら、ここまでするかなあ、、、と自分でも思いながら、。でも野生の実なので味がこくって美味しいジャムが出来ましたよ。
ただ、来年も作るかと言ったらどうかなあ。。。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (14)
魚・貝・エビetc (15)
植物 (37)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (5)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (33)
家族 (19)
行事 (56)
皆既日食 (2)
お知らせ (42)
未分類 (11)
風景 (15)
その他 (6)
暮らしぶり (11)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング