2017-05

スタンプラリー - 2017.04.14 Fri

屋久島のスタンプラリーが始まりました!

IMG_0330.jpg

スタンプを集めながら島の里を巡るスタンプラリーです

それぞれの里で歴史や暮らし、文化が異なります。
その違い、魅力を感じながら島を巡ればきっと新しい屋久島らしさに出会えるのではないでしょうか。
島に暮らす人にも、旅する人にも楽しいスタンプラリーです。

そしてこちらのスタンプラリー、口永良部島にもスタンプが置かれています!
屋久島町の口永良部島として、屋久島の集落と同じように口永良部島を知るきっかけとなりますように、

IMG_0332.jpg

何と言っても、スタンプがカワイイです!
決まった数のスタンプを集めるとガラポン抽選に参加できるそうですよ。
口永良部島スタンプをゲットしに、是非是非口永良部島へ遊びにいらして下さい
スタンプは、フェリー太陽チケット売り場(本村港近く)に設置されています。

20170414.jpg

こちらのイベント、今年(2017年)縄文杉発見から50年を記念し島の魅力を発信する取り組みの一つとして行われています。
スタンプの台紙は屋久島(文化村センター内、空港案内所、安房Aコープ、島内のカフェ、宿、お店等)で購入出来ます。
詳しくはコチラまで。


今の季節、藻がいっぱい流れていて、その藻と一緒に小さな魚がいっぱい泳いでいます。
アジの赤ちゃんだったり、サバの赤ちゃんだったり、。
その小さな魚たち、港で餌もつけずに針だけで釣れるので子ども達と一緒に沢山釣ってきました。
釣りながら、から揚げにしようか、南蛮漬けにしようか、と考えながら釣っていたわりに、大半は今度の釣りの餌にする事に!
まあ、次の楽しみにつながったかな、。
2017041401.jpg
スポンサーサイト

入居者募集! - 2017.02.23 Thu

島暮らしに興味がある方へ 新しい住宅がご用意出来ました
2017022301.jpg
港や商店にも近い立地で学校へも徒歩10分程度。しかも、海を眺める好物件です
入居の申し込み条件は、島に定住し、島の活性化に意欲的に取り組むことができる方!
住宅には、単身者や子育て世代など様々な家族構成に対応出来るように1Kと2DKの2種類の間取りをご用意しています。
詳しくは屋久島町HPより内容をご確認下さい。

一緒に口永良部島を作っていきませんか?
ご応募、お待ちしております

ここ最近、暖かったり寒かったり、海も急に時化たりと天候が定まりません、。
そんな合間に晴れ間がのぞいたりすると空が澄んでいるいるのか とってもキレイな夕焼けが見れます。
刻一刻と変わっていく空の色
2017022302.jpg
見惚れていたら、振り返って夕景の窓ガラスに鏡のように夕焼けが映っている~!
自然からのギフト堪能しました。

フェリー太陽ドッグ入り - 2017.02.03 Fri

2月1日~2月15日の間、
【フェリー太陽】はドッグ入りのため代船が運航しています。
出発時間が異なりますのでお気をつけください。

口永良部島港発11:00⇒宮之浦港着12:00
宮之浦港発13:00⇒口永良部島港着14:00

定員12名、車両航送不可です。
また、波が高い時は出航しません。
運行状況は屋久島町HPまたは、屋久島町財産管理課船舶係(0997-43-5900)へお問い合わせください。


今、口永良部島は紅葉(?!)がキレイです。
寒が入り、ハゼが赤く紅葉しキラキラしています。
こんな時期に??
20170203.jpg

【ぎょぶる(vol.5)】と【屋久島ヒトメクリ.(15号)】発行のお知らせ - 2016.12.10 Sat

【ぎょぶる(vol.5)】が発行されました!
特集は「種子島に魚部伝来。」
3号で口永良部島を特集して頂いてから、→4号では沖縄の池間島と宮古島→5号で種子島 と島を特集しています。
魚部ならでは、の視点で島の紹介がされていて、面白いだけでなくそれぞれの地域での貴重な資料となっているのが素晴らしい。
2016121001.jpg
それにしても、【ぎょぶる】を発信している北九州・魚部がスゴイんです!
冊子の制作のみならず、本職(?!)の水生昆虫の調査、さらに展示会などのイベントもこなすスゴイ方々です。
【ぎょぶる】の定期購読、バックナンバーご希望の方は、こちらまでご連絡を⇒gyobu1998@gmail.com

そして、【屋久島ヒトメクリ.(15号)】
2016121002.jpg
ついに15号が発行されました!
しばらく休刊していたので待たれていた方も多かったと思いますが、こうして発行された事、本当に素晴らしい!
屋久島という繋がりの中で様々な方が書かれた記事を読んでいると『屋久島いいなあ、』としみじみ思います。
そして、その屋久島の中にあたりまえに口永良部島をとらえて下さっているのが嬉しいです。
特集は「鹿」
そうです。ヤクシカです。

島暮らししてみかせんか?【口永良部島説明会@アイランダー2016】 - 2016.11.15 Tue

ポスターu1-1_1

口永良部島は共に島づくりをする若い世代を求めています。
島に興味を持っている方に島での生活を体験して頂けるように、と「体験型定住促進住宅」の建設も始まりました。
住んでみないと分からない、ならば短期でのご利用も可能な住宅にしよう、と準備をしています。
行ってみないと分からない、確かに島に来て頂くのが一番なのですが、
遠い島でなかなか時間を作るのが大変、というのも事実。

そこで、東京(池袋)で11月26・27日(2日間)開催されるイベント【アイランダー2016】で皆様方と直接お話しが出来れば、と準備をしています。
私自身○年前に口永良部島へ移住し、今はすっかり島民としてし生活をしているので、色々な事をお話し出来るかと思います。
空家情報求人情報も整理して持っていきますよ~。
もう一つ、【島暮らし】について、多くの方々のご意見を伺って島へ持ち帰り、今後の口永良部島の島づくりに活かしていきたいと考えています。
口永良部島の未来はこれから私達の手で描いていく所です。
是非是非ご協力ください。
そして、出来れば一緒にこれからの島づくりを担う仲間となって欲しい!

そう、今回是非お願いしたいのが【親子での山海留学の募集】です。
山海留学生(金岳小学校・中学校)の募集は子供を里親さんの所へ預ける「里親留学」と親子で来る「家族留学」があります。
里親留学に関しては、既に里親(受け入れ)が不可能な状況ですが、
家族留学は、家もあるし、仕事もあるし、山海留学の助成制度もあるし、で条件がそろっている所です。
少しでも興味のある方はお話し出来たら、と思いますので是非会場へお越しください。
お待ちしております。
poster2.jpg
poster3.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (12)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (48)
皆既日食 (2)
お知らせ (35)
未分類 (11)
風景 (12)
その他 (6)
暮らしぶり (10)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング