2017-11

楽しかった夏休み - 2017.08.30 Wed

長いと思っていた夏休みがそろそろ終わります。

20170830.jpg

夏休みの間、沢山の方々が口永良部島に来て下さいました。
小・中学校(義務教育)までしかないこの島で普段なかなか交流のない高校生&大学生のお兄ちゃん&お姉ちゃんと一緒に絵を描いたり、勉強をしたり。
夏休みに毎年島のおばあちゃんおじいちゃんの家に遊びに来るお友達と遊んだり。

2017083002.jpg

色々な方々との交流が何より楽しく、面白く、気づけばアッという間の夏休みでした。

2017083001.jpg

口永良部島では9月1日が始業式。
2学期は敬老会、運動会、学習発表会など行事が目白押しです。
子ども達にとっては、少人数の学校で一人一人に役割があり皆それぞれ大忙し!
大人もですね。

忙しいのは承知です。
せっかくなので楽しまないと!
そして、忙しく頑張る姿を島の方々はいつも温かい目で見守ってくれます。
スポンサーサイト

元通りの生活へ向けて、 - 2016.07.04 Mon

気象庁による噴火警戒レベルの引き下げを受け、屋久島町では、避難指示の一部解除を行いましたが、
火口から2km以内及び向江浜地区の立入を禁止する警戒区域の設定を行いました。

新岳の火口より2km以内とは、向江浜から湯向集落へ向かう一周道路が使用出来ないという事です。
湯向集落や田代集落へ御用の方は島の北方を通る道路をご利用下さい。
現在、着々と道路の復旧作業が行われている所です。

そして、今週末、
島民参加で“西の湯温泉”の清掃が行われました。
多量の土砂が入り込み、利用する事が出来ずにいましたが、やっと近々ご利用頂けるようになります。
2016070203.jpg
今日、作業に参加させて頂き、
土砂が入り込み利用出来ない状況であっても、コンコンと湧き出るお湯に
『自然の恵みは偉大だなあ、』と感じました。

西の湯温泉は、海岸沿いにある南の島ならでは、の秘湯です。
機会がありましたら、是非ご利用下さい。


そして、そして、
やっと宿(夕景)の掃除を始めました。
2016070304.jpg
なにしろ1年間、空けてしまった宿ですので、何もかも一から確認作業を行っています。
私一人では出来ない部分は家族に協力してもらって進めています。
どうぞまたよろしくお願いいたします。

梅雨の雨の間、
掃除が出来ずに何をしていたかと言うと、
昨年の避難生活の間、ずっと気になっていたブルーベリーを今年はやっと収穫出来るとあって、
間を見つけてはブルーベリー摘みをしてました。
2016070201.jpg
昨年(避難生活中)はパンは買ってもジャムを買う気になれずにいたので、
ついにジャム解禁!

ジャム作りをしながら、こんなんだったなあ、と思い出し
またその生活を取り戻せた事を嬉しく実感しています。

ブルーベリーを使ったスィーツ作りも久しぶり、。
2016070202.jpg
ブルーベリー最高
そして、喜んで食べてくれる人がいる事が幸せです。

金峯神社の大祭へ向けて~棒踊り・日の本踊りの練習スタート~ - 2016.05.22 Sun

口永良部島の金峯神社の大祭で奉納される棒踊り・日の本踊りの練習が始まりました。

2016052201.jpg

「棒踊り」は鹿児島全域にわたり伝わっている民俗芸能で、6尺と3尺の棒を打ち合う勇ましい踊りです。
一方、「日の本踊り」は、源平合戦の一幕を歌った歌にあわせて日の丸の扇子と笛(竹筒)を持って踊る舞。
口永良部島では棒踊りは中学生以上の男子、日の本踊りは小学生以上の女子が参加し、大祭の当日、踊りを披露しています。

今年の金峯神社の大祭は、7月18日(海の日)に開催されます。
是非、祭りに合わせて島へ遊びにいらしてください。

(↓金峯神社の大祭の様子2005年)
2015052203.jpg
この金峯神社の大祭、実は天保の時代に起きた新岳の大きな爆発を記憶にとどめるために始められたお祭りだと伝えられています。
その昔、勇ましい棒踊りを神様の前で踊り奉納する事で、山の怒りを抑えようとする思いがあったのでしょう。

昨年の新岳の大噴火を受け、今年の踊りはまた格別な思いで踊れたら、と思います。


週末にイチゴ摘みに行ってきました。
2016052202.jpg
ホウロクイチゴという野いちごで、ジューシーな自然の甘味の美味しいイチゴです。
ジューシーすぎて日持ちがしません。直ぐに食べるか、その日のうちにジャムやコンポートにします。
今回採って来た分は、直ぐに食べ終わっちゃいました

竹の子採りに行くか、イチゴ摘みに行くか、悩ましい季節です。

10年後の私への手紙【タイムカプセル】 - 2016.02.29 Mon

3月に島を出る子達との最後の想い出作りを、と子供会で行われる[お別れ会]
「今年は何をしようか?」と話し合った所、「タイムカプセルがしたい!」と。

これは初めての試み!
せっかく帰島出来たのだから、皆でタイムカプセルを埋めよう!となりました。
2016022901.jpg

幼児学級生から中学3年生まで、それぞれ10年後の自分宛に手紙を書きました。
中学生は、『10年後はどこにいるのかなあ、。』と逆に幼児学級生は、まだ在校生で口永良部島の学校へ通っているはず。

私自身、タイムカプセルをしたことがなかったので、色々調べた所、手紙がカビで読めなくなってしまうパターンやタイムカプセルを見つけられないパターンなどなど、あるそうなので、
手紙は事前に集め脱気し、そしてタイムカプセルの地図は、卒業アルバムの中に地図を入れておく事にしました。
これで10年後に皆が読める事が出来るかなあ、。

お姉ちゃん達は、ひっそり自分宛の手紙を書いていましたが、低学年の子供たちは手紙に何を書こうか、と一緒に手紙書きをしました。
10年後の自分はどうなっていますか?
10年後の口永良部島はどうなっていますか?
と。

これからの10年、子供たちをがっかりさせないように、大人としての責任を感じました。


手紙を埋めた後、皆で記念撮影をしました。
10年後、またこうして集まって記念撮影出来ると良いね。

小さい子から大きい子まで、皆で遊ぶのが口永良部島流です。
2016022902.jpg

島ネコ①~タータ~ - 2015.05.19 Tue

家族みんな猫が大好きで、我が家には常に猫が同居しています。
(最高7匹ぐらいいたかな、。今は家の中に入ってくる猫が4匹、エサだけ食べにくる猫が一匹)

家猫たちは、自分を猫と気づいているのかいないのか、。
すっかり野性味がない、のんびり屋さんばかり、。
そして、『猫カフェ』の猫達よりずっと愛嬌があります。
(一度『猫カフェ』に行ったのですが、あまりに猫たちが愛嬌がないのにビックリしました。
きっと人疲れしているんでしょうね。)
猫好きな方なら分かってくれると思いますが、この小さい毛むくじゃらの動物達がいると、本当に和みます。

今回は我が家の猫の紹介。
2015051901.jpg

タータ(♀、2歳):やんちゃで甘え上手な性格
家猫の中では一番の新入りで、来た当初は、既に我が家にいたお姉さま猫とのバトルがあり、先輩猫達に受け入れられるまでは苦労していた様子でしたが、今はもう大丈夫かなあ、。

20150519.jpg
家の中に笑顔を増やしてくれるのはいいけれども、これでは勉強出来ないですよねえ、。

IMG_5485.jpg
そして、昼間のベッドを占領してず~と寝ています。
と、昼は猫、夜は人間の寝る場所と使い分けられているかと思いきや
夜はまた人間の足元でず~と寝ています。
本当によく寝ています。
その姿を見て、うらやましいなあ、と思ってみたり、癒されたり、。

娘の書いた猫カード
2015051902.jpg
そうそう、タータにそっくりな猫を他の所でも見かけます。
きっと兄弟でしょうね。
島ネコ達はなんとなく似た色、模様の子達がいて、ルーツが分かる。
猫って面白いです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (13)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (53)
皆既日食 (2)
お知らせ (38)
未分類 (11)
風景 (14)
その他 (6)
暮らしぶり (11)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング