2013-08

保存食作り - 2013.08.31 Sat

島の暮らしは“旬”に追われるので、保存食作りもだいぶ上手になってきました。
“旬”は、野菜、魚、果物と様々。
野菜の山を目の前に、いかに美味しく少しでも長く楽しめるようにするか、というのが腕の見せ所です。
この“旬”は過ぎるとパタッとなくなってしまうのだから本当に保存食作りというのは大事なんです。

保存食作り

台風が通過すると畑の野菜は潮風にやられて葉が枯れてしまうので、その前に、とあわてて作ったのが『青じその醤油漬け』と『バジルペースト』。

『青じその醤油漬け』は、おにぎりにクルッとまいて頂いたり、お茶漬けに添えたりして頂きます。
『バジルペースト』は、パスタにからめる他にジャガイモやタコに和えても美味しいサラダになる!空気に触れると酸化して黒っぽくなるのでラップを貼って保存します。たっぷりのオリーブオイルで蓋をするのが通常らしいけど、。

他に自分で作った保存食はないかな~、と冷蔵庫を見てみてあったのが『きびなごのアンチョビ』と『しし唐のオリーブオイル漬け』。

今年は「きびなご」がいっぱい捕れたので、以前はイワシの雑魚で作っていたアンチョビを「きびなご」で作ってみました。イワシよりさっぱりしているかなぁ~、、。でも美味しく頂いています。
それから、『しし唐のオリーブオイル漬け』は次から次にしし唐がなって、山のようになったしし唐をどうしようか、とあわててレシピを調べて作りました。それが、思った以上に美味しくって次はいつ食べれるのか、と思うぐらい。箸休めに最適な上に、朝食に目玉焼きに添えても美味しいし、ホントこれを食べきってしまったら寂しいなあ。。。

他にも色々作っています。
ゴーヤのピクルスも。
そうそう、先日、屋久島で行われた食のセミナーに参加して「ゴーヤのソフトクッキー」を習ったので、帰ってから少し応用して『ゴーヤパン』を作りました。
ゴーヤをすりおろして作ったのだけど、焼くとゴーヤは全く分からなくなるようです。緑色が面白いかな~、。緑色のマーブルが分かりますか?

2013083102.jpg

スポンサーサイト

残暑お見舞い申し上げます - 2013.08.23 Fri

湯向の桟橋にて

本当に暑い毎日が続いていますが皆さんいかがお過ごしですか
旅行で来られている方が「都会の暑さより全然良い、」とおっしゃっていましたが、ココは海からの風が通るのでいくぶんか良いのでしょうか、、。それにしても今年の暑さは本当に厳しいです。。。

写真は湯向(ゆむぎ)の桟橋で撮ったもの。
後ろにうっすら見えているのは屋久島です。
実は、湯向から屋久島の永田まで、というのが屋久島-口永良部島間の最短ルートで漁船で30分ぐらいでいけるんです。(『フェリー太陽』では1時間40分もかかるんですが、。)
そのため、本当に海が時化ている時の緊急時の船の出発は湯向→永田(屋久島)である事が多いです。

向江浜の海亀

夏休みもそろそろ終わりそう、。
もう学校では運動会の応援の練習も始まっています。

港祭り&夏祭り - 2013.08.16 Fri

港祭り(2013年)

口永良部島の2大祭りがついに終わりました

8月12日は、本村港で「港祭り」。
大漁旗をかかげた漁船に乗せていただき、港内をぐるりと一周まわった後、船の上から恵比寿神社に大漁祈願をして帰ってきました。
子供達は普段乗れない船に大はしゃぎ!大人の私にもいつもと違った目線で口永良部島を見る事が出来、楽しかったです。
帰ってきたら桟橋に魚をいれた釣りコーナーを用意していて下さってこれまた子供達は大喜びでした
漁師の方々のお陰で本当に海を満喫する祭りだったなぁ。。。

続く8月13日は「夏祭り」。
今年は会場を海に近い本村温泉横の広場に変えて行いました。
花火もよく見えてよかったです。
そして、この日は「ファミリーマート」の移動販売車が口永良部島に来てくれました。
コンビニに飢えている島の人は大喜び!私も普段見ない新発売のお菓子やら飲み物を色々ゲットして楽しかった

夏祭り(2013年)

あっという間の2日間。
そしてどっと疲れた~。。。

お盆の間はちょっと休憩。そして、少し生活のリズムを整えて残りの夏休みを有意義に過ごしたいです。

ウミガメの産卵と孵化 - 2013.08.07 Wed

2013080701.jpg


「フェリー太陽」が入港する本村港のすぐ横にある向江浜(むかいはま)には毎年ウミガメが産卵に上陸します。
そして、今年度は島民有志によりウミガメの保護・監視業務が行われ、その状況の数値化が出来始めたところ。
活動の主体となっている「えらぶ年寄り組」はその観察結果を随時報告しているので興味のある方は是非ご覧になって下さい。→ウミガメの保護活動

それにしても、お母さんカメの産卵は6月頭から始まり、今まだ続いているというのだからビックリ!
(写真左下がお母さんカメの上陸の足跡)
その数60回を越しています。昨年度まではカウントしていなかったのでおそらく20回くらいだろう、という事だったのですが、実際にはもっともっと上陸していたようです。(今年が特別多いのかなぁ。)
そして、産み落とされた卵は45~75日で孵化するため、今またベビーラッシュ状態で連日たくさんの小亀達が海へ帰っていっています。
子亀達は、天敵に襲われないように夜中から早朝にかけて(暗い内に)海へと戻っていくため、実際にその姿を見る事は難しいのですが、浜へ行くと小さな子カメの足跡がいっぱい残っているので孵化があったのかどうかが分かります。(写真左下が子カメの足跡)

この浜で生まれたカメ達が大きくなって産卵に戻ってきてくれたら嬉しいなぁ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (12)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (49)
皆既日食 (2)
お知らせ (37)
未分類 (11)
風景 (13)
その他 (6)
暮らしぶり (10)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング