2013-10

防災訓練 - 2013.10.31 Thu

2013103101.jpg

10月30日、新岳の噴火を想定した【防災訓練】が行われました。
参加機関は、屋久島町・鹿児島県・屋久島警察・消防団・海上保安庁・気象台。そこへ口永良部島島民が参加しての避難訓練です。

当日は、新岳が噴火をしたら、まず一番近くの「退避壕」へ避難し、そこから港へ移動して船に乗って島外へ避難をするという流れの確認をしました。
途中、途中、人員の確認や学校や仕事場など家族がバラバラになっていても港で家族が集合出来るようにする、など確認をしながらの訓練でした。
現実には、そこへ負傷者や高齢者など加わったり、宿の宿泊者(島外の人)も加わればもっと複雑になってくるかもしれませんね。

2013103102.jpg

岳の噴火だけでなく、津波や土砂崩れなどどんな災害が起こるかわからない昨今、公的機関の的確な連携プレーも大事ですが、個人個人のいざという時のための準備や心構えも大事だと再確認しました。
スポンサーサイト

砕石場跡地 - 2013.10.28 Mon

2013102801.jpg

台風も過ぎ去りせっかくの休日だから、と「見晴らしの良い所へピクニックに行こう!」と出かけたのが“砕石場跡地”。本村港と向江浜を見下ろす高台で、なかなかこの角度から本村港を見る事がないので新鮮な景色です。

砕石は2005年5月まで行われていました。→採石所の閉鎖
8年が過ぎた今でも山を削られた後が痛々しく残っています。
閉山する時、ここの緑化が条件となっていたのですが、思うようには進んでいない様子。

2013102802.jpg
桜の苗木が点々と植えられていましたがこの土地に合うのかなあ。。。
ガジュマルの苗も植えられていたけれどもそちらは桜の苗のようにネットがされていなかったので鹿にやられて枯れそうになっていました。
こんなカラカラの土地だし、木を育てるというのは大変な事です。
よっぽど気にしていないともとの森の姿にはなかなか戻りそうもありません。。。

長い時間をかけて自然が作り出してきた姿をあっという間に変えてしまい、用がなくなったから、とそのまま放置するのはあんまりです。
人間の持つ力の恐ろしさと無知さを改めて認識しました。

実は今、本村港の工事が行われています。大きなクレーンが動いているのを見て不安になってきます。
人間はそれほど賢くない、目先の利益だけでなく、先々の影響もきちんと考えた上での工事なのかどうか、。

2013102803.jpg

それでもココからの景色は絶景でした。

アオウミガメの赤ちゃん - 2013.10.23 Wed

2013102301.jpg

昨日、ウミガメ調査を行っている【えらぶ年寄り組】の方々に声をかけていただいてアオウミガメの赤ちゃん達の旅立ちを観察をしました。

口永良部島に産卵のために上陸してくるカメは『アカウミガメ』と『アオウミガメ』の2種類。
そして、『アオウミガメ』は、この辺りが上陸の北限地となっているため上陸頭数は少なく、今年上陸したのは一頭のみだったので、昨日観察した小亀たちは貴重なアオウミガメの赤ちゃん達でした。

2013102302.jpg
産み落とされた卵は砂中の温度によって45~75日で孵化をし、孵化してから砂の中でもがいて地表に出るまで1週間ほどかかるそうです。海への脱出も外敵から見つかりにくい夜から明け方にかけて、しかも第一弾、第二段と順繰り下の子達も並んで待って出てくるので、数日前に小亀の足跡を見つけた【年寄り組】の方がそろそろ出てくるから、と私達にも声をかけて下さり、皆で観察をする事が出来ました。

20131023003.jpg
小亀達が必死に海に向かって進んでいく姿は本当に可愛らしくステキで、皆で頑張れ、頑張れ、とその歩調に寄り添って応援しました。
これから台風が来るのに、この小亀達はいきなりの試練だなあ、とちょっと心配ですがコレが自然なのだから!

家に帰って長男はカメの事を絵日記に書き、それを見た末娘が「自分も書く!」と書いた絵がこちら↓

2013102304.jpg

ちゃんと絵日記になっている!
彼女は出てきたカメの赤ちゃんをどうしても触りたくって、「ちょっとだけ触って良い?」と言って、カメの赤ちゃんを抱っこしたのでその事が印象に残っったんだなあ、と感心。。。

【えらぶ年寄り組】の皆さん、良い機会を与えてくださったありがとうございました

山葡萄ではなかったガネブ - 2013.10.13 Sun


島の方言でいう「ガネブ」
私は、ず~っと「山葡萄」だと思っていたのですがどうやら違ったらしい!
「山葡萄」と同じ仲間(ブドウ属)の「えびづる」だったようで、植物図鑑で調べてみても葉の大きさや果実の大きさから山葡萄ではないという事が判明!


実は先週末、子供達とドライブがてらこの「ガネブ」をとってきて、せっかくとってきたから何か作れたらいいなあ、とネットを見ていたら山葡萄でジャムを作っていらっしゃる方がいたので私もやってみよう!とこの「ガネブ」でジャムを作ってみました。(この時はまだ「ガネブ」は「山葡萄」だと思ってました。)

作ってみたらザル一杯の「ガネブ」からほんのちょっとの汁しか出てこない!
「ガネブ」を食べた事のある方ならお分かりかと思いますが、本当にこの「ガネブ」、皮と種だけでただ味はちゃんとブドウなので、子供達は口に含んではペッペと種と皮を出しながら味わう、といった実です。
考えてみたら当然の結果だったのですが、それからおかしいなあ、、と調べてみた、という訳です。

きっと本物の「山葡萄」はもっと実がふっくらしているのだろうなあ。。。

せっかく作り始めたジャム、途中で放棄する事も出来ず、むきになって皮ごと圧力をかけて皮をやわらかくし、種をこして作りました!作りながら、ここまでするかなあ、、、と自分でも思いながら、。でも野生の実なので味がこくって美味しいジャムが出来ましたよ。
ただ、来年も作るかと言ったらどうかなあ。。。


台風対策 - 2013.10.09 Wed

2013100901.jpg

7日、久しぶりに大きな台風が来そう、と今回はばっちり台風対策をしました。
雨戸をガラガラと閉じれれば良いのですが、私達は古い家に住んでいるので備え付けの雨戸がなく、台風の時はこうやって窓が折れた枝などが飛んできて割れないように、と板を打ったつけて固定してしまいます。
これを風雨が激しくなる前にしてしまうので、台風対策をすると家の中は昼間でも真っ暗!
男の人はこうやって外回りの準備を進める中、お母さんは停電が長引いても食べる物に困らないように、とご飯を早めに炊いておいたりして用意をします

2013100902.jpg

私は、8日朝、起きた時に停電していると困るなあ、と思いあわててパンを焼きました。
成型するのが楽チンにオーブントレーでバーンと!(焼いたのはお惣菜パンとして「チーズマヨパン」、それからおやつ用に「チョコレートパン」)

結局、台風はだいぶそれてくれて、時折雨が強く降る程度で過ぎ去ってくれたのでよかったです。
停電もする事なく無事に朝を迎えることが出来ました
8日の朝は、電気をつけ、普通に焼いておいた「チーズマヨパン」を食べて子供達は学校へ出て行きました。

そうそう、ぶら下げておいた「島バナナ」は朝起きたらボタボタと下に落ちていたなあ。。。
夜、風が強かったので家が揺れたせいかな。
2013100903.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (13)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (53)
皆既日食 (2)
お知らせ (38)
未分類 (11)
風景 (14)
その他 (6)
暮らしぶり (11)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング