FC2ブログ

2018-10

東京オリンピックに向けた映像制作(Sharing The Dream 2020) - 2018.10.29 Mon

今年度、口永良部島子ども会ではSharing The Dream 2020という映像制作プログラムに参加しています。

「Sharing The Dream 2020」とはパナソニック㈱が行っている映像制作支援プログラム(KWN)の一環で、東京2020公認プログラムとなっており、オリンピック・パラリンピックをテーマとした30秒の映像制作や、オリンピック・パラリンピック参加国を1校が一国ずつ応援する映像メッセージを制作するプログラムです。

講師の方に来島頂き、10月25~27日にかけて3日間、オリンピックについて学んだり映像の構成作り、撮影をご指導頂きました。
2018102901.jpg

島で暮らしているとオリンピックに向けての街の変化などを目にする事もなく、あまり実感として“2020年にオリンピックが日本で行われる”と感じる事がありません。
今回、プログラムに参加して子供達それぞれがオリンピックについて考え、またオリンピックをきっかけに新たな繋がりや夢をいだく事が出来たかな、と感じました。

20181029.jpg

島おススメのビューポイントで撮影しよう、と色々な所で撮影したので島のステキな風景も見れる作品になっていると思います。

そして、口永良部島が応援する国は「コンゴ民主共和国」
コンゴ民主共和国は不思議と口永良部島と縁のある国です。
長年交流のある慶應大学長谷部研究室はコンゴでも活動をしているという事で公用語のフランス語や現地の様子について教えていただきました。
また、口永良部島に度々訪れて頂く京都大学の山極先生はコンゴでゴリラを研究し、その時の様子題材とした本や絵本もかかれていて、子供達と一緒に絵本を読んでコンゴの様子を知る事が出来ました。

2018102903.jpg
フランス語で「日本へようこそ」

コンゴ民主共和国について学んだ後、
「コンゴには大きな川があっても海は珍しいはずだから海で撮影しよう」と「砂に字を書こう」というアイディアから応援メッセージを作りました。
本当はフランス語がしゃべれれば良かったのですが、思った以上に難しく そこにも苦労をしアイディアを出して日本に来るコンゴ民主共和国の選手の方々に(ハートも)伝わるメッセージを作ろう、と頑張りました。

出来上がったらSharingTheDream2020スペシャルサイトに掲載されます。

どこにいても気になる新岳は時折煙をモクモクと上げ、その度に「お~!」とか「今度は大きいねえ。」と 山を見上げながらの撮影でした。

2018102902.jpg

変わらず日に何度も山を見て暮らしています。
朝焼けの新岳も、夕焼けの新岳も、月明りの新岳もなんだか美しいです。
スポンサーサイト



新岳の小さな噴火 - 2018.10.23 Tue

21日の夕方より 新岳で小さな噴火が続いています。

21日は正直あまり実感がありませんでした。
体に感じる地震もなく、風向きのせいか硫黄の匂いが強いなどといった気づきもなく、いつも通りの日でした。
22日になり、何だか煙がグレーだなあ(通常は白)、と気づき
今では時折りポッポッ、と濃いグレーのモクモク煙を上げています。

2018102301.jpg

ここまでくると「なるほど、噴火してる。」と実感

2018102302.jpg

少し灰も降っているようです。
今の所 22日からしっかり分かる噴火をくり返しています。「なんだか桜島の噴火みたいだなあ、。」と思ってみたり、「洗濯ものも風向きを確認して干さないといけないかなあ、。」と考えてみたり、。

22日は海上自衛隊のミサイル艇「しらたか」が本村港で一般公開されました。

2018102303.jpg

見学に行って 船の設備に驚きながらも新岳からは煙がモクモクと上がっているという状況で、何だか心がザワザワ、、。

2018102304.jpg

噴火に対してはいつも通り、いや いつもより気にして「いざという時に冷静に避難する」準備をしています。

新岳はこうやって今までも噴火をくり返してきました。
島の人は日に何度も山を見ています。今はガスをポッポッ と出している状況みたいです。

西の湯温泉がなくなった?! - 2018.10.01 Mon

台風24号が過ぎました。
久しぶりに台風の目の中に入るドンピシャコースで、それなりに(いつも通りの)台風対策をしていたのですが、
思った以上の被害が、。

まず、我が家は家の壁板が飛び、家の中に雨が入り込むという大変な状況に!
今日は突貫工事中。
何と言っても次の25号も来そうなので早く直しておかないと!

台風の通過後、
辺りに大きな木の枝が散らかり、草木がぐったりと枯れ、色々なものが飛ばされている、というのはいつもの事として、
今回は『西の湯温泉がなくなったよ。』と聞き、
どういう事???と思っていたら 本当になくなっていました、。

2018100101.jpg

温泉小屋へと続く階段の先がない!
湯船も小屋も何もかも、、波にさらわれて何もなくなっている状況です。

2018100102.jpg

西の湯温泉は明治19年(1886年)、当時の島民の人達が協力して石を積み上げて作った温泉です。
つまり132年間、どんな台風にも耐え大丈夫だった温泉場がなくなる程の台風だったということ!

ここまで見事にすっかりなくなってしまうなんて、、
改めて台風の力のすごさを知りました。

西の湯温泉、どうしましょう、、。

相変わらず台風通過後の漂着ゴミの多さもすごいです。
そして海岸沿いの道(美浦周辺)は、波によって浸食されアブナイ状況です。

いろいろ、どうしましょう、、、。

2018100103.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (21)
海 (15)
魚・貝・エビetc (16)
植物 (37)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (5)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (25)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (37)
家族 (19)
行事 (62)
皆既日食 (2)
お知らせ (49)
未分類 (12)
風景 (19)
その他 (7)
暮らしぶり (16)
噴火 (8)
口永良部島の紹介 (2)
子供の活動 (1)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング