FC2ブログ

2019-01

1月29日の噴火 - 2019.01.30 Wed

1月29日午後5時13分ころ 新岳が噴火しました。
と言っても、今回の噴火は音がなく全く気付かなかった、。

電話を受け始めて噴火した事を知り、山を見に行って撮った写真がこちら↓。

2019013001.jpg

モクモクと噴煙が上がってる!

まず、風向き。
この日は弱い北風(地表近く)で 噴煙はほぼ真上にモクモクと上がっていました。
上空は東方向にふいていたようで、今回も屋久島に降灰があったそうです。

1月17日の噴火の時、屋久島にたくさん灰が降り、大変だったと聞きました。
こちら(口永良部島)には全く降灰がなく、屋久島ばかり(降灰の)被害があっては申し訳ない気持ちにもなりますが 陸が繋がっていなくても空は繋がっている、と当たり前の事に気づかされます。
そうそう、屋久島の方から「今までの灰は白かったけど、今回の灰の色は茶褐色だった。」と伺いました。
???ちょっと気になる、。

20190130.jpg

噴煙の様子は時々刻々と変化します。
こんなスゴイ光景をまじまじと見れる人なんて世界中探してもそういないだろうなあ、と思いながら噴煙が上がるのを見ていました。
生きてって実感出来る、これにつきると思います。

噴火に気づき、皆家から出てきて山を見つめ
「大丈夫そうね。」と家に帰りそのまま夕飯の用意をする。

何だか噴火が日常にすんなり入ってきていて
活火山の島ってこんな暮らしなのかと我ながら感心したりして、。

きっとはるか昔、新岳の活動が活発だった時代に住んでいた島民はこんな風に暮らしていたんじゃないかと思います。


キレイな夕焼けが見えた頃、ようやく噴火が収まってきたかなあ、。

2019013002.jpg

気象庁HPより、
噴煙は高さ4千メートルに達し火口から南西側へ火砕流が600m流れた。大きな噴石の飛散は確認されていない。)
スポンサーサイト



シャシャンボ - 2019.01.26 Sat

冬に採れる果実「シャシャンボ」↓(シャシャンボについてはこちらをご覧ください。)
20190126.jpg
山に自生していて、噴火前はお正月過ぎに家族総出で採りに行ったりしたけれども
火山活動が活発になり、山の周辺が立ち入り禁止区域となったため『シャシャンボを採りに山へ行く』という家族行事はなくなってしまいました。

噴火後は庭で育てている(実生の木を育てた)シャシャンボを頃合いを見て収穫しよう、と思っても
気ぜわしくしていたり、天候などの影響でなかなか収穫できないでいます。

私の“ジャムノート”のメモによると
2016年:避難解除の帰島直後で収穫出来なかった
2017年:6.5kg収穫(庭の木2本分)
2018年:収穫を諦めた(夏の間に大発生したカナブンによる食害で木がダメージを受け実をつけなかった)
そして、
2019年:800g収穫(庭の木1本分)

今年もカナブンの食害ダメージをひきずっている様子で実がまばら、、、
『これだけ、。』と思うぐらい少なく それでも久しぶりにシャシャンボジャムが食べたくって収穫しました。

2019012601.jpg

苦労してつけた実、という感じで水分が少なくちょっとゴワゴワした仕上がりになってしまいましたが
野性味あるすっぱいシャシャンボの味をまた堪能できてヨカッタ。

こんな感じでは幻のジャムになってしまいますね、。
来年こそはいっぱい作りたいなあ。

1月17日の噴火 - 2019.01.17 Thu

今日(17日)、午前9時19分ころ 口永良部島の新岳が噴火しました。

ドンと大きな音がして、直後に揺れとゴーッという噴火特有の音(何回か噴火を経験していますが、毎回このゴーッという地鳴りのような音がします)を聞いて、部屋の窓から噴火(噴煙)を確認、
『これは急いで(一時避難場所へ)避難しないと、』と
パソコンを閉じ、エアコンを消し、電気を消して、ネコを部屋に閉じ込めないように部屋の扉を開け、台所へ行きガスの元栓を閉めて、灰が家の中に入らないように窓チェックと扉チェックをして、カメラと携帯を持って車に乗り込みました。

車の中から撮った写真↓
2019011701.jpg

けっこうな大きさ(噴煙の柱の太さ)に『これは急がないと、』と直ぐに一時避難所(番屋ヶ峰)へ向かいました。

途中、車をとめて山を見るとモクモクと盛大に煙を上げていていっこうに収まる気配がない感じ。
2019011702.jpg

避難所(番屋ヶ峰)に着くと、学校関係者は既に到着し避難所の建物の中で待機していました。
2019011703.jpg

しばらくして島民が続々と集まってきて、皆 『いつ帰れるかなあ、』と山を見るものの
黒い煙が白くなったと思ったら、また黒い煙が上がりだしたりして繰り返しモクモクを上がる煙に今回の噴火の大きさを実感しました。

2019011704.jpg

避難所から見た新岳は真っ白で、後でニュースで確認したら火砕流が約1.5km流れたとある通り、火砕流らしき白い筋も写真に写っています。

11時には自主避難の解除と噴火警戒レベル3の維持、との知らせが入り 自宅へ戻りました。

帰ってすぐに避難セット(1日分の着替えや持ち出す物)の再チェックをしました。
今日は寒くって、毛布や上着が必要かも、と感じ
毛布を車に入れて置こうかなあ、と思います。

今後も同規模の噴火が発生する可能性がある、との事なので注意してまいります。

2019年 - 2019.01.08 Tue

2019010804.jpg

穏やかな年明け、と思っていたら3日に熊本で地震があり、気持ちを引き締めました。
自然は分からないです。
口永良部島でも噴火活動が収まってみたり活発になったり(いくら計測していても、経験していても)分からないものです。
甘えず慣れず、常に備えておくことが大切ですね。

最近の新岳は白い煙りをモクモクと上げています。
黒い煙を上げる小規模噴火をこまめにしているぐらいの方が良いのではないかと思って見ているのですが
ホント、こればかりは分からないです、。


1月6日は「消防出初式」が行われました。

2019010801.jpg

災害が起きた時に備え、常日頃から点検・情報交換をし連携をとりあっている頼りになる消防団です。
お天気もよく、放水演習もカッコよかった!

2019010802.jpg

これからは、何事も起きないように、なんて言えないので
起きた時にどう対処するかを考えないといけませんね、。
備え+練習が必要になってくるのかもしれません。

7日に「鬼火焚き」をし、鬼も退治しました!

2019010803.jpg

今日から学校(金岳小中学校)もスタートです。
子供達は3学期(学年末の学期)がついに始まりそれぞれ振り返りや受験など忙しい時期。
体調管理をしっかりして乗り越えて欲しいです。

新しい年が良い年となりますように。
どうぞよろしくお願いいたします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (21)
海 (15)
魚・貝・エビetc (16)
植物 (37)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (5)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (25)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (37)
家族 (19)
行事 (62)
皆既日食 (2)
お知らせ (49)
未分類 (12)
風景 (19)
その他 (7)
暮らしぶり (16)
噴火 (8)
口永良部島の紹介 (2)
子供の活動 (1)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング