FC2ブログ

2019-02

“西の湯温泉”のその後 - 2019.02.19 Tue

台風24号の影響をうけた西の湯温泉(その時の様子はコチラ

湯船も小屋も何もかもなくなってしまいましたが その後 少しずつ少しずつ片づけを行い
今の西の湯温泉↓
20190219.jpg

湯船が出てきました!
一つ一つ大きな石をどかし、ゴミを拾いここまできました。
重機などが入らない所で人力でやるしかない、と本当に毎日少しずつ、それでも少しずつが積み重ねられた成果です。

2019021901.jpg
源泉もちゃんとある!
プクプクと温かい湯が沸いてます。

2019021902.jpg
階段は途中から崩落し、小屋もすっかり姿がありませんがこちらもだいぶキレイになっています。
そして、改めて積み上げられた石の大きさに驚きます。
大きく重い石は少しずつ少しずつ動かして片づけているそうです。

20190219022.jpg
テコの原理!?
しかもこんな足場の悪い所で、なかなか出来ない作業です、。
昔の人も人力でこの大きな石を積み上げていったのだろうなあ、。
そう言えば、島の古い家には軒下に大きな長方形の石がおかれていてベンチのように使っています。
石を暮らしの中で色々と使っていたんですね。

湯船が見えてきたら少し安心しました。
何よりお湯が沸いているのだから大丈夫!

2019021903.jpg
温泉は島の宝です。
大事にしていきます。
スポンサーサイト



柑橘類のシーズン - 2019.02.08 Fri

ポンカン・サワーポメロ・桜島こみかん・ダイダイ・はっさく・その他名の分からないみかん数種・・・
この時期、色々な柑橘類を頂きます。

子供達が毎日せっせと食べるのでそのまま山積みにしていますが
時間がある時はコンフィやジャムなどを作って保存出来るように加工します。

2019020801.jpg
みかんのコンフィ(名の分からないみかんで作りました)
今年は作れました!

果物のコンフィ作りは、ただただ時間をかけてゆっくり砂糖の濃度を上げながら煮含めていき
煮あがったら、今度は時間をかえてゆっくり乾燥させていく、という作業。

2019020802.jpg
つきっきり作業はなく、何かしながら火をつけたり、様子を見て、じっくり時間をかけて作っていきます。
大変ではないけれども、時間と心の余裕がないとなかなか作りだせないお菓子です。

さらに、今年はサワーポメロでジャムも作りました。
柑橘類のジャム作りの方が(コンフィ作りより)大変かもしれません、。
皮の灰汁抜きや皮を細くカットしたり、と手間がかかり作業が終わる頃には立ち疲れと手の疲れでぐったりします、。(量が量だからかな、)
ジャムは毎朝の食卓に並ぶ他にお菓子作りにも使います。(左写真は焼き上がりのケーキに柑橘類のジャムを塗ったもの)

2019020803.jpg
そしてそして、果汁を絞って1リットルづつ容器に入れ冷凍庫にストックもしました。
これでいつでも果汁100%のゼリーが作れます。

これで年間を通じで柑橘類を楽しめます!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (21)
海 (15)
魚・貝・エビetc (16)
植物 (37)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (5)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (25)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (37)
家族 (19)
行事 (62)
皆既日食 (2)
お知らせ (49)
未分類 (12)
風景 (19)
その他 (7)
暮らしぶり (16)
噴火 (8)
口永良部島の紹介 (2)
子供の活動 (1)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング