2017-10

道を彩る花々がピンチ - 2012.12.09 Sun

今、ツワブキの花が島の道を彩っています。

2012120901.jpg

私がこの島に来た10年ほど前は、季節を知らせる花々が順繰り道沿いを彩っていたのですが、ここ最近鹿が増え、鹿が草花を食べてしまうので今は鹿が食べない草花だけが残っているという感じ。。。
そうそう、白いヤマユリ・オレンジ色のオニユリ・それからヒオウギ水仙、、綺麗だったなあ。。。
このツワブキは人間も春先の柔らかい新芽を食べるのですが、灰汁が強いので鹿は食べれないで残っているのでしょうね。
それからトゲのあるホウロクイチゴも鹿が食べないので残り、茂っている。

島に来た当初は、『都会では専門家が植栽計画を立てて道を彩る花を管理しているのに、自然のままでこんなにその季節季節の花々が順繰り道を彩ってくれるんだ!』と感動したのですが、本当にスゴイ速さで鹿が増え、こんな里の景観にも影響を与えるようになってきてしまい残念でしょうがありません。。。
鹿対策、まったナシで始めないといけない、と切実に感じます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ツワブキのお味

私も関東出身なのですがツワブキは日本庭園風な所の木陰にある山野草で、食べるとは思ってもいませんでした。
こちらには花芽を食べるフキはあまりなく、フキと言ったらほとんどこのツワブキをさします。
春先の柔らかい茎を食べるのですが、筋をとって→灰汁をとって、けっこう大変な作業です。
それでも春になると食べたい味!
詳しくはHP「口永良部島便り(http://kerabu.life.coocan.jp/)」の【島の食卓(http://kerabu.life.coocan.jp/food.htm)】に掲載していますのでよかったらご覧になって下さい。

恵藤憲二朗です

これはいいですね

こんにちは。またお邪魔しました。

本当にシカが増えているのですね。
宮之浦でも、街中でさえ時々見かけるという話を聞くようになりました。
観光者の立場からは、「街中で鹿が見られてラッキー」ということになるのでしょうが
本当はそんなことは言ってはおれないのでしょうね。

話は変わりまして・・・
ツワブキについてですが
私は、今から37年前に初めて屋久島に来た時に
こちらではツワブキを食べるのだと初めて知りました(おいしかったです)。
そのことを、横浜に帰って周囲の者に話したのですが
誰もが「ツワブキなんか食べられるものか」と
信じてくれませんでした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kerabu.blog.fc2.com/tb.php/171-532609b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

海のごちそう «  | BLOG TOP |  » 卵を頂くと、、

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (13)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (52)
皆既日食 (2)
お知らせ (38)
未分類 (11)
風景 (14)
その他 (6)
暮らしぶり (11)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング