2017-08

新岳の噴火を想定した避難訓練 - 2014.11.17 Mon

11月14日(金)に【新岳の噴火を想定した避難訓練】が行われました。
2014111602.jpg
当日は、鹿児島海上保安部や消防、警察など7機関と住民計126人が参加し、避難・救出の手順や関係機関の連携態勢を確認しました。
8月に新岳が噴火してから、学校ではいつでも速やかに避難が出来るように(車を直に出せるように)と、子供達の避難に使う先生方の車は校庭内に駐車されています。
我が家でも、車は直に出せるように常にバックで駐車していますし、島民それぞれが“噴火”を意識をしているので今回の避難訓練は速やかに移動(避難)が出来ました。
今回は、各機関の連携の上での避難訓練でしたが、実際は、救助に来るまでの間、いかに私達だけで被害を抑えられるかが問題となってきます。
改めて気持ちを引き締め備えなければ、と感じました。

避難場所の“番屋峰(ばんやみね)”は、本当に眺めの良い所で、黒島・硫黄島・竹島とその奥には開聞岳まで臨むことが出来ます。(写真は硫黄島。見づらいかなあ、、。)
2014111603.jpg
戦時中は、陸海軍の監視所があり、戦後も物資の輸送の取り締まりのために(戦後、口永良部島と口之島以南の島々との交通が禁止されていた) ここで警察が取り締まっていたという所なので眺めが良い訳です。
避難訓練中も大きなタンカーが何艘も右から左から行き交っているのが見えました。

そして、振り返ると新岳と向江浜。
2014111601.jpg
新岳からはモクモクと噴煙が。
そうそう、8月の噴火以降、噴煙の上がる所が斜面の方へ広がってきています。
噴煙の量は日によって違い(この日は多い)、少ない時には、噴煙の上がる口あたりに黄色い硫黄の結晶がついているのが見えます。

避難場所として最近良く行くようになった“番屋峰”ですが、展望所としても良い所かも、、。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kerabu.blog.fc2.com/tb.php/255-d0dc2e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自然の恵みいっぱいのスィーツ «  | BLOG TOP |  » 島の学習発表会

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (12)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (50)
皆既日食 (2)
お知らせ (38)
未分類 (11)
風景 (13)
その他 (6)
暮らしぶり (10)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング