2017-10

鳩ぽっぽ先生(ホーホー先生) - 2015.04.01 Wed

新しいお医者さん(久保先生)が口永良部島へいらっしゃいました。
2015040101.jpg
今日は、子どもから高齢の方々まで港に集まり先生をお迎えしました。
2015040102.jpg
港で少しお話し頂いただけですが、とても気さくな方で高齢の方々へも自ら挨拶に回り、子どもたちにもにこやかに声をかけて下さり、やさしいお人柄の方だなあ、とホッと一安心しました。

先生は特技の「鳩ぽっぽ」を口笛でふいて『鳩ぽっぽ先生とかホーホー先生と呼んでくださいね。』と。
口永良部島の鳩ぽっぽ先生、いいなあ、

口永良部島は丸々1年お医者さんがいませんでした。
その間、それぞれが色々な場面で用心をしたり、不安に感じたりしたと思います。
海に囲まれ、いざという時に適切な処置が出来る大きな病院へ直ぐに行くことが出来ない離島で、きちんとした知識をもった方に判断してもらい対応してもらうという事がここで生活していく上でどんなに大切かと痛感しました。

島に人がいて生活を営んでいる以上、医師は絶対に必要です。
離島の医師問題に関しては今後制度的に見直し、島に医師がいないという状況がなくなるようにと切に願います。

話は変わって、先日頂いたお土産↓
2015040103.jpg
『憧れの秘湯』だなんて嬉しい限り!
名だたる温泉と肩を並べ、こんな風に口永良部島の温泉が世に出ているなんて!
(右側の写真は本物の寝待温泉。)

お湯は本物と同じ白濁色(白にごり湯)でした。
個人的には、満開のエラブツツジを思い起こさせるピンクを期待していたのですが、。

寝待温泉、確かに良いお湯です。
島の人が効きすぎるくらい、だと言うほどに良いお湯です。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

金岳小・中学校入学式 «  | BLOG TOP |  » こんな所に!!

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (13)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (52)
皆既日食 (2)
お知らせ (38)
未分類 (11)
風景 (14)
その他 (6)
暮らしぶり (11)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング