2017-08

新岳の噴火0529 - 2015.05.30 Sat

5月29日の新岳の噴火後、なかなか更新出来ずにいましたが
今、やっと避難場所から一息ついて、こうして更新出来る状況となりました。

5月29日午前9時59分
ドンという大きな振動を感じ、外を見たら昨年の8月の噴火の時と同じ(いや、それ以上に大きな)黒いモクモクした噴煙を確認しました。
2015053001.jpg

『あ、ついに来たな。』というのが正直な思いで
冷静に、冷静に、と思いながら、用意していた避難セットとヘルメット、そして欲をかいて作業中のパソコンを抱えて車に飛び乗り、避難場所の‘番ヶ屋峰(ばんがやみね)’へ避難。
避難場所にはすでに金岳小・中学校の子供たちと先生方が避難していて、日頃からの避難訓練の成果で皆、迅速に避難出来たのだなあ、と胸をなでおろしました。

それにしても、今回の噴煙の量は本当にすごかった、。
2015053002.jpg
昨年の8月の噴火以降、避難場所として本格的に整備され始めていた‘番ヶ屋峰’ですが、実は、工事中で
それでも、飲み水・非常食・マットの用意が既にされていて、本当に助かりました。
お昼時をまたいでいたので、皆、用意されていた乾パン(非常食)を頂く事ができました。
(それでも、硬いものが食べれない高齢の方には乾パンは不向きだという事も判明しました。)

避難所に着いてから情報を得る手段は、携帯からの人づての情報で
「どうやら警戒レベルが上がったらしいよ、」とか「島外避難になるかもよ、」とあいまいな情報ばかりで
それでも、皆、心のどこかで覚悟を持っていたのもあって、あいまいな情報をため息まじりに聞いていました。
(避難場所にラジオの一つでも置いてあるとよかったかも、ですね、。)
2015053004.jpg

今回の噴火は、回りの動きが驚くほど速く、避難場所で案じて待機していたら
次々と巡視艇が来たりヘリコプターが飛んできたり、噴火に動揺しながら、周りの動きも目が回るほどでした。
2015053005.jpg
午後1時30分、避難場所を離れ、一時自宅に戻り
午後2時30分、本村港へ集合、全島民島外避難。
約1時間の間に身の回りの物を整えないと、と避難所から自宅へ向かう車の中で色々考えていたのにやっぱり色々忘れ物をしてしまった、。
2015053006.jpg
「フェリー太陽」に乗り、本村港から島を離れる時、‘向江浜’が真っ白になっていました。
そして、ぐるっと島を回って山を見たらシルエットがだいぶ変わっている!
2015053008.jpg

自然の力は凄いです。
そして、今回も予測する事はできませんでした。
でも、そうそう予測なんて出来るものでもないのだと思います。

今回、私たちは備える事をし、
訓練を重ね、
被害も出来る限り少なく出来るように努力した結果、
実際に被害を最小限に抑えることが出来たのだと思っています。

口永良部島は火山の島です。
度重なる噴火の歴史が口永良部島の歴史です。

島のばあちゃんが避難場所で『黒い煙が白い煙になればだいぶいいよ。』と言ってくれて、避難所でなんだか心強かった。
島のじいちゃんも『今回の噴火は大きかったねえ、でも噴火はするのよ。』とおっしゃっていてウンウンと思った。

安全が確認できればすぐにでも口永良部島に帰りたいけれども、どうなるかなあ、。

今回、沢山の方々にご心配頂き、コメントも入れていただきました。
全てありがたく読ませていただいています。
ペットの事を案じて下さっているかたも多かったのですが、
実際は、我が家の猫達は島においてきました。
家の中も外も出入りする猫達で連れてくる事は出来なかった。

それでも、猫・犬など連れて避難されてきた方も多くいらっしゃいます。
2015053009.jpg
生き物を飼うという事は大変な事です。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

早めに帰島できますように…。

今回の噴火、お見舞い申し上げます。火山から離れたところにいる私には、本当の大変さは分かりえないと思いますが、何かできることがあればなと思っております。まだ安堵できない状況のようですが、みなさんの暮らしが落ち着いて、早く帰島できることをお祈りいたします。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
昨年8月の噴火があったからこそ、今回の噴火の際には冷静に避難ができ、
そして避難所生活が大変だという事が分かっていたからこそ
こうして一週間が過ぎた今、何とか問題もなく避難生活を送れているように思います。
それでも、今回は先が見えない避難生活というのが大きな違いで
どうしたら良いのかという判断を難しくしている。。。
やっぱり早く日常に戻りたいなあ。。。

Re: 逗子の野口です

応援ありがとうございます。
避難所生活、大変なのか、。
口永良部島に住むという事、大変なのか、。
この大変の中にこそ見つめるべき真実があるように思います。

とりあえず、今は頑張らないと。

箱根も富士山もどこもかしこも、何が起こるかわからないご時世。
どうぞ、もしもの時の備えをしっかりとして下さいね。

Re: 大丈夫ですか!!

ありがとう。物をあまり持たずに島を出て、皆さんのサポートを受けて暮らす避難所生活で、生きる上で何が大切なのかと自問自答します。そして、何もなくなっても、人と人の繋がりは本当に助けとなり宝だと感じます。繋がりを日々感じながら暮らしていた口永良部島だからこそ皆口永良部島に戻りたいと思っているのだと思います。やっぱり、口永良部島に帰りたいなあ。。。

Re: どうかお身体に気をつけて

コメントありがとうございます。家族の皆様、お元気でいらっしゃいますか?避難所に来て1週間が過ぎました。激変した日常をなんだか夢を見ているような気がして不思議な気持ちでいます。子供たちは疲れが出てきている様子。そりゃ、仕方ないですよね。。。頑張りすぎないようにそれでも頑張らないとと思っています。私も屋久島で職を見つけないといけないかなあ。。。先が見えないのが何より大変です。。

Re: タイトルなし

元気にしてますか?双子のママだっけ、。スキー三昧だったあの頃から時が流れ、離れ離れですが、なんとなく繋がっているのがなんだか嬉しい。島が噴火して避難生活をして、これから島民、離れ離れになるのかなあ、なんて不安があるけれども、ゆるくつながるというのが大事かなあ、とか思っている所です。こまっちゃんも日々の生活を大事に過ごしてください。

とにかく、皆さんご無事のようで、何よりでした。
ご不自由されているかと思いますが、皆様が島へ1日でも早く帰る事が出来るよう、お祈りしております。

早く噴火が収まるといいですね。
ネコちゃんたちは、ボランティア団体などが避難している間に預かってくれますので、チャンスがあったら連れて来て下さい。

皆さん無事に避難されたとのニュースを見て安心しました。
猫たちは島できっと野生の本能で力強く生き抜くと信じています。1日でも早く島に一時帰宅出きることや以前の生活に戻れることを心から願っています。
どうぞ体調崩されませんように。

どうかお身体に気をつけて

とても大変な状況かと思いますが、皆さん無事というニュースを聞いてホッとしました。
黒い噴煙の写真を見た時は息が詰まりました。第一報から、皆さんが無事だという報道がされるまでがとても長く感じました。とても怖かったのではと想像しています。自然の力の怖さを遠いながらも感じつつ、とにかく噴火が早く収まって欲しいと願うばかりです。

避難所生活は何かと大変なのではと思いますが、どうかお体をお大事に。

みなさん無事でほっとしています。
こちらから何かできることがあえば!と思っているので
必要なものとかあれば、ブログで知らせてくださいね。
チェックします。

自分のブログでもこの記事を紹介させていただきました。
今は避難所にいらっしゃるんでしょうか?何かと不便だとは思いますがワガママとか思わないで必要だと思うことは要求したり発信したりしてくださいね。

1年前、皆さんが宮之浦に避難されていた頃にも、コメントさせていただいた関東在住の者です。
その後、絶えず口永良部島の火山情報が気になっていましたが
ついに噴火してしまいましたね。
報道各社は、今回の皆さんの避難が、無事でスムーズだったと報道していますが
それでも、自宅を離れて屋久島での避難生活は、とても大変なことだろうと思います。
どうか健康に気を付けられ、早く島に戻れる日が来ますよう
お祈りしています。

ひとまず島民のみなさんが無事に避難できてよかったですね!

残してきたワンちゃん猫ちゃん、ほかのペットや動物たちも、少しでも安全な場所へ避難してくれていることを願っています。
何とか食をつないで生き延びていてくれれば、いずれ食糧援助や救助も入りますから!

自然に抗うことはできないですね… 覚悟して訓練してても実際は思うようにいかないです。
避難生活もまた大変ですが、息抜きしながらやってくださいね。応援してます!


管理者にだけ表示を許可する

避難所での生活 «  | BLOG TOP |  » 島ネコ①~タータ~

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (12)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (50)
皆既日食 (2)
お知らせ (38)
未分類 (11)
風景 (13)
その他 (6)
暮らしぶり (10)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング