2017-08

西の湯温泉 - 2016.08.27 Sat

口永良部島には4か所の温泉
「本村(ほんむら)温泉」、「西の湯(にしのゆ)温泉」、「寝待(ねまち)温泉」、「湯向(ゆむぎ)温泉」があります。
それぞれ趣が異なり、どこもおススメなのですが、今日は「西の湯温泉」の紹介です。

2016082701.jpg
避難生活中に大量の土砂が入り込み長い間利用出来なかったのですが、先月島民でキレイにし(元通りの生活へ)、やっと利用出来るようになった温泉です。
20160827702.jpg
海岸沿いにあり、波の音を聴きながら入る 島ならでは、の温泉!
2016082703.jpg
入ってすぐに協力金箱が設置されていますのでよろしくお願いいたします。

泉質は、「ナトリウム一塩化物温泉」
効能は「神経痛(腰痛、肩こり、関節痛他)」と「皮膚病(あせも他)」
とあります。
昔の文献に「婦人病に効く」と書いてあるのがありました。
島の人は畑仕事などで腰が痛かったり、肩こりだったりで体が痛い時には「西の湯温泉」が良いと言います。
(島内には4箇所温泉があるので、それぞれ気に行って通っている温泉があり、こんな時にはこの温泉、というのがあるんです。)
2016082705.jpg
手前が男風呂、奥が女風呂
上の板はお風呂に入った後休む場所らしく、島のおじいさんはお風呂に入っては休んで、と温泉でゆっくり過ごしていたようです。

どこにでもありがちな温泉でなく、本当に秘湯ちっくで今時こんな感じはなかなかないですよねえ、。
2016082704.jpg
源泉はめちゃくちゃ熱いです。(湯船の左側)

潮の満ち引きで湯量がだいぶ変わり、足湯ぐらいにお湯がない時もあるので満潮の時、あるいは夕方以降ならば島民が湯量を調整して入れるようになっていると思います。

こんな温泉、やっぱりいいですよねえ



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

島暮らしのススメ(南海ひょうたん島留学) «  | BLOG TOP |  » 口永良部島海洋学習会

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (12)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (50)
皆既日食 (2)
お知らせ (38)
未分類 (11)
風景 (13)
その他 (6)
暮らしぶり (10)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング