2017-10

お正月行事 - 2017.01.09 Mon

1月7日、“鬼火焚き”を行いました。
2017010901.jpg
“鬼火焚き”は、九州地方で正月7日に行う火祭りで、火の中に門松や昨年のお札などを投げ込み、鬼(厄・災難・病気)を退治し、また災難が無かったことを感謝する行事です。
午後5時より火を入れ、竹が勢いよくはじける音を聞きながら『昨年の今頃はもろもろの片づけと用意で忙しくしていたなあ、。』と懐かしく思い出していました。
今年は本村港近くの砂浜へ場所を変更して行いました。
今まで岩がゴロゴロしている所で行っていたので、今回は砂浜で広々としていて良かったです。
そして、昔は早朝に火を入れていたと伺いました。いつの頃からか皆がそろう午後5時以降スタートとなったのでしょうね、。
色々と時の流れと共に変わっていきます。

前日の1月6日は消防団による“消防出初式”でした。
今年は口永良部島での開催で冷たい雨が降る中でのパレードと放水でしたが、多くの島民が足を運び、消防団の面々の頑張っている姿を見て応援しました。
2017010902.jpg
何かがあったらいち早く動く、頼りになる消防団です。
何もないのが一番ですが、何が起こっても大丈夫なように備えておく事が大事です。

そして、正月休みの間の恒例行事が“しゃしゃんぼ”採り!
“しゃしゃんぼ”とは、「小小ん坊」と書き、島の人は、訛って「ササブ」とも言います。
島に自生する灌木で、ブルーベリーに似た、それより小粒で自然な甘みと酸味のある美味しい実をつけます。
毎年この実でジャムを作るのが冬の楽しみでした。
昨年は帰島直後で全く採る事が出来ず、今年も例年採りに行っていた所は未だ立ち入り禁止区域だったりで沢山は採れませんでしたが、畑に植えている分だけは収穫出来ました。
2017010903.jpg
すごく嬉しい!!
このジャムで作る懐かしいあのお菓子もこのお菓子も、また作りたいなあ、と心躍らせています
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

冬の道を彩る花 «  | BLOG TOP |  » 明けましておめでとうございます2017

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (13)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (52)
皆既日食 (2)
お知らせ (38)
未分類 (11)
風景 (14)
その他 (6)
暮らしぶり (11)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング