2017-10

山岳遭難事故について - 2009.05.19 Tue

IMG_1140.jpg

5月13日、ロッククライマー5人が来島。

船をチャーターして午後4時に島に到着、そのまま現場へ行き、午後5時頃、谷へ降りて確認したところ

クレッグの手ががりらしきものは無く、その日は皆途方にくれました。

翌日、ガイド2人とロッククライマー5人が山へ入り、捜索範囲を広げて探しましたがやはり見つかりませんでした。

 

NGO団体(search& resucue・ professional tracking services)が調査を終え、後は、谷に下りればきっと見つかるはずだと信じていたので本当に皆ショックを受けました。

谷を降りれるプロさえ来れば、と思っていたのです。

 

そして、ご親族の方も領事館の方も5月15日に帰られました。

本当に、心残りだったと思います。

見つけてあげたかった、、、といのが本音です。

 

4月27日に事故が起きてから実に19日間、長かったようにも短かったようにも感じます。

その間、ずっと『早く見つけてあげたい!』と多くの人が願っていたのですが、かないませんでした。

このような終わり方は、どうにもやるせなく、

ご親族始め、お知り合いだった方々のお気持ちを考えると本当にせつなくなります。

 

そして、島民は、今回の事故を悲しみだけに終わらせず、今後の登山のあり方を見直していかなければならないでしょう。

屋久島のように登山届けを出してもらうようにする、ガイドマップ、など、色々な課題も見えてきました。

 

これからです。これから、このような悲しい思いをする事がないようにしていかなければなりません。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kerabu.blog.fc2.com/tb.php/9-309689ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

海亀の産卵 «  | BLOG TOP |  » 山岳遭難事故について

プロフィール

島女

Author:島女
屋久島の北西に位置するひょうたんの形をした小さな火山島、それが口永良部島です。
一日一便の船が唯一の交通手段という離島だからこそ、ココにはのんびりとした時の流れが残っています。
ブログを通じでこの島の魅力、そして日々の暮らしぶりをお伝えしていきたいと思っています。

名言集

presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山 (20)
海 (13)
魚・貝・エビetc (13)
植物 (35)
鳥・昆虫 (3)
エラブオオコウモリ (4)
国立公園 (3)
歴史 (4)
お菓子 (23)
料理 (15)
仕事 (9)
夜光貝 (1)
学校 (31)
家族 (19)
行事 (52)
皆既日食 (2)
お知らせ (38)
未分類 (11)
風景 (14)
その他 (6)
暮らしぶり (11)
噴火 (5)
口永良部島の紹介 (2)

月別アーカイブ

リンク







このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

管理人へのメッセージは、こちらからお願いします。 頂いたメールは全てありがたく読ませていただいていますが、お返事できない場合もあります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

島女のグリムス

ブログランキング



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ



ブログランキング